クリニックのED治療の種類について

治療方法は色々

治療方法は色々成人男性の大きな悩み恥ずかしがらずに聞いてみよう

ED治療の種類は、EDの種類によって決まります。
クリニックでED治療をする際にも、それぞれの患者に合った治療法を行います。
どういった治療法を行うかは、石による問診により決定されます。
治療法は、クリニックによっても違い、また、保険が適用されない自由診療ということから治療費も違い、自分に合った治療を受けるためにはクリニックの選び方も重要となります。
選ぶ際には、ホームページなどの情報や、口コミや評判など、インターネットを活用して情報を確認しておくことも大切です。
クリニックのED治療の方法として、多く利用されている治療法は、バイアグラやレビトラ、シリアスといったED治療薬による治療です。
これらの治療薬は、成分が異なり、体質によっても合う合わないがあるため、しっかりと医師の問診を受けたうえで自分に合ったものを処方してもらう必要があります。
次に、ICI治療と言われる治療法です。
陰茎海綿体注射とも呼ばれる治療法で、注射により、海綿体に血管作動薬を直接注入し、勃起を促します。
長年の試行錯誤の末に、現在は中でも効果が高く、副作用が少ない成分を用いるのが主流となっております。
疑似的な勃起状態を作り出すことができる陰圧式勃起補助具というものを使って治療する場合もあります。
筒状の器具の中に陰茎を挿入して、専用のポンプを使って器具の中を陰圧状態にすることで強制的に陰茎に血液を集めることで、疑似的な勃起状態を作って、陰茎根本にゴムバンドを使用して勃起を維持します。
ただし、長時間ゴムバンドを付けているとうっ血してしまうため30分以上締めっぱなしにしないようにすることが必要です。
機器を使い、患部に低強度の衝撃を与えることで、血管の申請を促進させて血液量を増加しEDを改善するED1000という方法は、服用薬剤や持病の関係によって、薬を服用することが出来ない人にはお勧めの方法です。